ジャーナル

サンデイエゴの5月

日本の皆様、こんにちは!

当地の気温は62度で上天気のサンデイエゴです。

さて、さっそく米国ニュースをおつたえします。

南部地帯で竜巻発祥  (3日付ニューヨークタイムスと全テレビニュース)

米国南部一帯で竜巻がおこり家屋が破損された。

各地に緊急注意報がだされた。

カルフォーニア州は他州にくらべコロナ禍が激下降 (3日付 加州新聞)

オレゴンやワシントン州のコロナ患者が増えてる中で、加州のコロナ禍が米国内で一番減っている。

理由は加州がいまだに家止まりの規制を続行してるからです。

この法をたてた加州のニューサム知事はまことに賢い英断をなさったと思います。

バイデン大統領に大多数の米国民は良しとする (米国報道調査)

100日間のバイデン大統領の仕事ぶり調査で、53%の国民が満足だとのべた。

確かにバイデン大統領が就任以来、国民の笑顔が一層あかるくなった、と感じます。

国や州ののリーダーによって、社会がよくも悪くもなることを改めて知って良い勉強になりました。

さて、私は相変らずアートに専心して、夜はアマゾンで購入した映画を一本だけ見る。

ベッドでブックオフで購入したり、東京の妹から送られた本を読んでから就寝。

不思議にも、コロナ禍以来夢を見ることがない。それほど深い眠りなのです。

これはきっとコロナという不可解な状態がつずいて、神様が私たちの体と心を洗浄するために、深い眠りにしてくださってるのかしら? ぐっすり眠るから、寝覚めからすっきりして、とても気持ちよい朝になる。

自宅止まりなので、我が家の興味はもっぱら食べ物ですよ。幸い料理好きな二人なので、メニューの心配なし!

朝、昼、晩としっかりいただいてますよ。

みなさま、よく食べ、よくおやすみして、元気でコロナ禍を乗り切りましょうね!

新作油絵: 「憩いのバルボア公園」 16インチx 20 インチ

       広大なバルボア公園は家族連れの憩いの場所です。

       スケッチから完成しました。

今日のデザート: 彼が作ったアップルパイ。オーブンで焼く前に中身のリンゴにチュッとライムをかけるのが彼のコツ。

         味がさわやかでおいしいです。

なごみの4月

皆様, 今日は!

今日も晴天、サンデイエゴの気温は72度です。どういうわけか、就寝中に雨が降り、朝起きるとシットリしたよい青空です。

まず完成したばかりの依頼画とともに米国トップニュースをお伝えいたしましょう。

バイデン首相は米国経済の向上をめざしてインフラ投資提案を発表 (3月30日ロイター)

バイデン首相は、約2兆ドル(220兆円)を米国の道路や橋の改善、気候変化の調査と年老いた国民への対応改善を目的にする、と述べた。

この発言は、やっとアメリカらしい首相をむかえて、わたくしは大変うれしく思います。

依って国民が本来の仕事に専心できることも、ありがたい。

さて、依頼画は無事完成して、依頼主のダニエル氏がとてもよろこんでくださり、画家はうれしいです。

この方は昔チャオベラという舞台付きカフェーをサンデイエゴで経営なさり、一時ロスに移転したけど、最近もどっていらっしゃり、新居を購入して、そこにかける由。

やはり気候の良いラメサが一番とおっしゃり、私も同感!

数日前にギャラリー21のマネジャーより電話あり、「もしコロナ禍がなくなったら、予定の個展をしてくださいませんか?」

もちろん喜んで3週間の個展を開催しますよ。それで目下新作品を描いています。

人生に何が起ころうと、一番大事なことは通常生活を続行する、つまり今まで通りの気持ちをもつことの大切さを学びます。短い人生ですもの、苦境になってこそ楽しいことをみつけましょう。

昨晩は「グレンミラー」の映画を再び2人で観ました。何度見ても飽きません。

そして思うに、音楽分野でも美術分野でも、アーティストたちは仲良しです。

つまり好きが高じて画家や音楽家になっているから仲間意識が強く、作品つくりのためにも’平穏’が何より大切です。

何が起ころうと、平穏な心をもって、いっしょに楽しい人生をつくってゆきましょう。

皆様、くれぐれもお元気でいらしてくださいね。

新作油絵: 「ダニエル」 30インチ×40インチ×2インチ

ダニエル氏のポーズは茶目っ気あるダニエル氏のリクエストでこうなりました。

肖像画の後方の絵(左)は1930年代にフランスのパリに世界中の画家が集まってモデルに描いたキキとその女友達です。右側の光線画2点はラホヤの海景色。

今日のランチ:彼の手料理で、コーンビーフ(からし添え)、野菜、きんぴらごぼう(これのみ私が作った)にご飯。

「春うらら」

皆様 こんにちは!

我が家のラメサは今日も晴天、温度は74度ですが夜になるとグッとさがって45度。

一日の温度差がすごいけど、やはり春を感じます。

日本は3月3日にお雛様のお祝いがありますね。 楽しかった子供時代を思い出します。

4人姉妹でしたので、学校から飛んで帰って母が準備した7段のお雛様をうっとり眺めたものでした。

さて今日の米ニュースは宇宙の火星と南極ニュースです。

火星への遠征で秘密のメッセージつきパラシュートを送る(24日付 AP発)

21メートルものオレンジと白色のパラシュートはナイロン製で、そもそもクロスワードパズルが大好きなエンジニアがつくったものである。

南極の氷河3000フィート下に生き物を発見(15日 科学トップニュース)

科学者グループは2種類の生き物を発見。

「信じられない!」と科学班リーダーの言。

いや~、私はこういうニュースは大好き!

あらためて、宇宙科学や海洋科学の方々の並々ならぬ研究心に尊敬の念、大です。

おかげさまでプラス電気をいただいて、一層絵の制作にも活力が出て感謝!

私は目下2週間前に依頼された大型キャンバスの油絵を早朝から描いています。

油絵なので乾きが遅い。

「新居を購入するので、ゆっくりでもよいですよ」とのことでありがたい。

バルボア公園内のスパニッシュビレッジのアーテイスト達から「週末だけ広場でアートショーを開催します」

というメールが入り、うれしい限りです。

しかし野外画家の私は、外では描けないのが残念。

みなさま、どうぞお元気でよく食べ、よくお休みをとってくださいね。

昨晩は毎晩一本見る映画も昔懐かしのデボラカーとケーリーグラント主演の「LOVE AFFAIR」(「めぐり逢い」)でした。子供たちも出演の大変良い映画ですよ。

日本のみなさま、自宅止めでもたのしいことを見つけて実りある生活をつくりましょうね。

お元気で!!

油絵:「Going Home」18インチ×24インチ

バルボア公園で一日絵の制作をおえた画家。

今日のランチ:今日のランチは彼が作ったアップルパイのデザートとツナサンド、ピックル、トマトとポテトチップスにクランベリージュース。 

                 

復興の米国

「復興の米国」

日本のみなさま、今日は!

当地サンデイエゴは、昨晩は雨から今朝は上天気で気温は61度です。

お互いによく食べ、よくお休みして、コロナ禍に対しましょう!

新大統領バイデンをむかえて、目下前大統領がのこした4年間の不始末整理にとりかかる。

国民は4年間もの忍耐で我慢強くなり、大統領バイデン氏を迎えて、家族や仲良し友人との明るい生活が復活!

元来のアメリカがもどった、と私は大変うれしく思います。

2月通信は新作油絵と写真と共に、米トップニュースのタイトルのみでおつたえしましょう。

GOPの共和党 は終わりでなく、死んだ。(30日付 ワシントンポスト)

共和党は負けたと正直にみとめない限り、トランプの持ち者でしかない(1/30 ワシントンポスト発)

コロナ禍で自宅どまりの日米でも、憩いのお時間も大切です。

それで我が家の推薦映画リストをご紹介しましょう。

1.バベットの晩餐会 (1968年映画作成)

2. Those Magnificent Men in their Flying Machines (故石原裕二氏も出演の世界飛行機合戦)

3. Chitty Chitty Bang Bang (大人も子供も楽しめます)

4. Moonstruck (ニューヨークのドラマ)

5. My Fair Lady (ミュージカル)

やはり昔の映画は良いですね。

5番の映画マイフェアレデイは、サンフランシスコに住んでた頃プレミアショーの初日の切符を手配して、アルバイト先の会社の方々と一緒に見に行った思い出深い映画です。

宮崎氏の映画も大変楽しく、だいすきです。

みなさま、コロナ禍が完全になくなるまで、もう少しの辛抱ですね。

どうぞお元気で、たのしいことを見つけましょうね。

「黄昏」 油絵 大型サイズ

     ずっと昔に大サイズの絵を購入なさった女性からメールがあり、今年の個展はいつですか?

     コロナ禍で、例年の3週間個展もいまだわかりません。この方はミューヨーク在住で美術評論家として

     当地にいらっしゃり、バルボア公園のギャラリーで個展中に会った方です。

写真: 今日の朝食で目玉焼きとポテトと玉ねぎ炒めにケチャップソース。

    飲み物:クランベリージュース。

落語を楽しもう

桂扇生さんの落語お知らせです。

〇梶原いろは亭から生配信・・・ライブ配信のみ

日 時;1月17日(日) 午後2時開演

配 信;https://www.youtube.com/watch?v=0EM1jcoSlso

木 戸;無料・無観客・アーカイブなし

出 演;扇生、三笑亭小夢

※今後は原則奇数月第2日曜日に私は出演します

〇梅楽オンライン寄席2021 一月の巻

日 時;1月23日(土) 午後3時開演

演 目;「初天神」「宿屋の富」

木 戸; 1,500円

配信URL;お申込み頂いた方に、後日お知らせします

    48時間の視聴が出来ます

申込み;梅楽 umeraku@koboz.com

ピーティックス;https://umeraku-10.peatix.com/view

協 力;(株)フェイス

※今後も毎月第4土曜日か日曜日にライブ配信を12月まで毎月行います

※お土産付き年間座布団あります

2021年の元旦

「2021年の元旦」

新年、あけましておめでとうございます!

サンデイエゴは、雲一つない晴天の青空で、気温は60度、米国はまだ大晦日です。

新年を迎え、コロナ禍が一日も早く明るく通常の生活にもどりますように!

わたくしは今朝天に召された丑年の父に感謝の祈りをしてから通信を書いてます。

油絵と写真とともに、さっそく米国トップニュースをタイトルのみで送ります。

”民衆の敵トランプ大統領が次期首相バイデン氏の仕事の邪魔をする危険性”

(12月30日ニューヨークデイリーニュース論説)

1月20日に新大統領バイデンとなることは米国民にとって誠にありがたい年になります。

米市民はその日まで今までの’我慢’を心して大晦日と新年を迎えます。

ポンペイで古代のスナック店を発掘 (26日ロイター発)

こういう記事は大好き!古代の民衆の生活が今も昔も変わらないなあ、とうれしくなりますよ。

今、世界の民衆のために、なるべく早くコロナ禍がなくなりますように、と祈ります。

コロナ禍は、きっと天の神様からのメッセージかもしれません。

大自然を無視して、わたくしたち人間が近代化に進みすぎることへの神様からの忠告だとも思えます。

海を汚し山の木々をたおし、近代化に没頭する私たちに、自然をだいじにするようにとのお心ではないでしょうか?

まるで天の父として、愛で以て、神様は私たちに忠告されてるように思います。

自宅止めで、家族とは毎日電話で話しあってます。

家に閉じ込められてもバルコニーからながめる景色は明るい。

家族や仲良しの友達に会えなくても、大自然はわたくしの心を穏やかにしてくれます。

皆さん、いっしょにもうチョイがんばりましょうね。

家に閉じ込められたって大好きな食べ物がありますわい。

今晩は長女が送ってくれたビデオ映画をみながら家族が送ってくれたスナックを食べながらの大晦日です。

そしてぐっすり寝てから米国は新年をむかえます。

それにしても皆さん、お餅やお屠蘇の日本の元旦がうらやましいなあ。

たくさん食べてくださいね。

油絵:「ホテルから富士山展望」 24インチ×36インチ

    妹弟の招待で淡島ホテルに滞在したときの富士山です。

    お正月の富士山は一層素晴らしいことでしょう。

写真:今日の朝食兼ランチです。

   朝食ソーセージ、トーストとピックルスに半熟卵。

「東京おもちゃ美術館」に行ってみませんか

なかなか高価でそろえることが難しい木のおもちゃもたくさん。大人も一緒に遊んじゃいます。これから楽しいイベントもたくさん!入場料大人700円、子ども500円ですが、1日中遊べます。
最寄り駅は丸の内線四谷三丁目(2番出口)です。

◆開館時間
 10:00~16:00 (入場は15:30まで)
◆休館日
 木曜日(木曜日が国民の休日の場合は開館)
 年末年始:2009年12月29日(火)~2010年1月3日(日)
 特別休館日:2009年9月7日(月)~11日(金)
        2010年2月1日(月)~5日(金)
◆入館料
 こども 500円 (小学生以下) ※2歳以下は無料
 おとな 700円 (中学生以上)
 ペア券 1000円 (こどもとおとな各1名のペア券)
 団 体 一人につき100円引き (15名より)
◆所在地
 〒160-0004 東京都新宿区四谷4-20 四谷ひろば内

あらとえつこブログでもご紹介♪

http://ikebukuro.areablog.jp/page.asp?idx=1000002195&post_idx_sel=10190980

東京おもちゃ美術館

不妊治療に朗報! 大豆イソフラボンのパワー

近年、10組に1組の夫婦は不妊に悩んでいるといわれている。原因として現代社会を取り巻くさまざまな環境および食生活が影響していといわれ、この傾向はますます増加傾向を示すとされている。しかし解決策に期待されている不妊治療の医療費は高く、不妊に悩む夫婦にとっては経済的、精神的にも大きな負担となっているのが実状である。
 そんな中、ニチモウと、ニチモウバイオティックスは、大豆イソフラボンの不妊治療への有効性を武庫川女子大学との共同研究で確認した。ニチモウは、武庫川女子大学薬学部とヒトの子宮内膜上皮細胞における発酵大豆胚芽抽出物(ダイゼインリッチなアグリコン型イソフラボン:『AglyMax(R)』)の調整作用について、2005年4月から共同研究を行ってきた。
 今回、開発素材である発酵大豆胚芽抽出物(ダイゼインリッチなアグリコン型イソフラボン:商品名『AglyMax(R)』)が、ヒトの子宮内膜上皮細胞における妊娠・着床に不可欠なサイトカインである白血病阻害因子(LIF)とトランスフォーミング成長因子β(TGF-β)の分泌、ならびにGlycodelin発現に対する調整作用を世界で初めて発見し、不妊治療への有効性を武庫川女子大学との共同研究で確認したとしている。
 これらのことから、食品サプリメントとしてのアグリコン型イソフラボンには、その子宮生物学的作用効果から妊娠・着床に関わるメリットが大きいと示唆された。

※ なお、同研究論文が2月9日に権威ある英国の内分泌医学雑誌「J. Endocrinology 2月号」に全文掲載されている。

ニチモウ=http://www.nichimo.co.jp/

武庫川女子大学=http://www.mukogawa-u.ac.jp/

ニチモウバイオティックス

「土星と木星のクリスマス」

米国のコロナ禍はあいかわらずですが、バイデン氏勝利で米庶民は明るい。

来年1月20日にバイデン大統領就任式があります。

バイデン氏の勝利以来、いまだ自宅で仕事する加州庶民やスーパーの買い物客は以前より一層元気で、明るくユーモアありで、元気です。

しかし相変わらず世界は寝ても覚めてもコロナかな。

これぞ’忍耐心’の良き勉強ですね。一緒に我慢いたしましょう!

先程アート仲間からきたお笑いビデオです。

http://www.koala-pierrot.com/video/DontForgetYourMask.mp4

さて今年最後の12月便りは、油絵と写真と米トップニュースをおつたえしましょう。

”今年土星と木星の稀な結合は1226年以来” (7日 FoxとCNN他テレビニュース)

この二つの惑星の結合は中世期以来である。

そのうえクリスマスに土星と木星が2重になる、とある。

私は宇宙ニュースが大好きなので、夢でも時々宇宙を飛んでます。

夜になるとバルコニーから空を仰ぐのですが、お月様のお隣にいつもいるのがオレンジ色の火星です。

わたくしの中学から大学までずっと親友だったモリちゃんが11月11日に逝去してから一層夜空を仰いでます。

メール交換をよくしており、ただ去年12月メールの最後に「弓、さようなら」とあり、気になって何度もメールしたのに返事無しでしたが、脳梗塞で治療に励んでいたところでした。

娘さんと学友から亡くなった知らせを11月にうけて以来、お月様の左側に今までなかったオレンジの星がピカピカ輝いており、思わず「モリだ~っ!」

以来毎晩オレンジ色のその小さな星を見ながら、わが親友モリとおしゃべりしています。

人生とはなんと短いのでしょうね。

時間を大事にして且つ楽しい時もつくらねば、としみじみ思うこの頃です。

みなさま、どうぞお元気でいらしてください。

画像: ”くるみ割り人形” 油絵 18インチ X 20インチ

写真: ミニパンケーキ

    映画鑑賞時用に家人ピエロがつくった小型パンケーキです。